日焼けでダメージを受けた肌を修復するおすすめのスキンケア法

日焼けをすると、肌がダメージを受けた状態になりますので、なるべく早い段階で適切なスキンケアを行うことが大切です。

日焼けした状態の肌を放置しておくと、紫外線による負担がより一層強くなりますので注意が必要です。

日焼けのスキンケアで重要なのは、まず肌を冷やすことです。日焼けをすると肌が熱を持っている状態になりますので、放熱をしてあげなければいけません。

その際には保冷剤を使うのが簡単ですが、ただ冷やし過ぎになってしまうと低温火傷の状態になる可能性もありますので、タオルで包むなりしてから使った方が良いでしょう。

また、保冷剤を刺激として感じてしまう場合は、冷やしたタオルでも十分です。

続いて保湿ケアに入っていきますが、日焼けをすると肌が乾燥しがちになってしまいますので、潤いを補給してあげなければいけません。

その際にはいつも使っている化粧水を使うのも良いですが、日焼けした状態の肌に刺激になるようなら控えた方が良いでしょう。

特に痛みもなく使用できる場合は、小まめに化粧水を使って乾燥予防をします。

日焼けした肌に軟膏を使うのはやめたほうがいい

日焼けをしている時には保湿効果のある軟膏を使って対策をすることもできるのですが、迂闊に使用してしまうのは要注意です。

中にはステロイドが入っている物もあり、副作用が出てしまう恐れもあります。

素人判断で使ってしまうと肌に負担になりますので、医師なり薬剤師なりに相談をしてから対処することが必要です。

スキンケアの方法としては以上のようになりますが、他にもやった方が良いのが水分補給です。

スキンケアだけでなく水分補給も忘れずに!

日焼けをしている時は水分不足に陥ってしまいますが、その状態ですと肌の回復力も落ちます。

人間にとって水分は非常に重要な存在であり、水分が足りないとせっかくのスキンケアの効果も低下しますから内側から保湿をすることも欠かせないのです。

軽度の日焼けの場合は自宅での対策でも十分に回復ができるはずですが、もし症状が重くなるようなら速やかに病院へ行くことも必要です。

程度によっては治りが悪いこともありますので、医師による指示を受けながら対策を行った方が良いでしょう。

美顔器を買うくらいなら脱毛サロンで顔脱毛をしてみよう!

家庭で使える美顔器が、現在では多数登場しています。

中には顔脱毛ができる物もありますので性別問わず利用されていることがありますが、しかしながらそのような美顔器を購入するよりも、脱毛サロンを利用した方が効果としては満足ができるケースが多く見られます。

脱毛サロンの方が良い理由は、業務用のマシンゆえの効果の高さがあることです。

家庭用の美顔器も性能がアップしており、それなりの効果を実感しているユーザーもいるようですが、しかしながらあまり効果を体感できていないユーザーも少なくありません。

業務用のマシンと比較をすると出力や性能に関しては劣ってしまいますので、それほど効果もない結果に終わってしまうこともあるのです。

脱毛サロンなら高性能の機器を使って施術をしますから、家庭で行うのとは次元が異なっており、効果を求めるのなら脱毛サロンの方が良いと言えるようでしょう。

購入する美顔器によっては、脱毛サロンを利用するのとあまり金額に大差がないのも、脱毛サロンを利用した方が良い理由のひとつです。

脱毛器の価格帯はピンキリですが、中には10万円近くもするような製品もあります。

その位の価格帯となると脱毛サロンを利用することもできますし、尚且つ効果も高いですからトータルの満足度が違ってくるのは明白です。

安全性の観点からも、美顔器にはマイナス点があると言えます。

家庭用の美顔器は安全な設計となっていますので安心して利用することができるものの、しかし機器によっては使い方を誤ってしまうと肌トラブルを引き起こすようなこともあるのです。

特に顔の場合はデリケートですから、トラブルに発展することも少なくありません。

一方の脱毛サロンの場合ですと、作業に慣れたプロがやってくれますので安全性が高いです。

素人が下手に美顔器を使うよりも安全に作業ができますし、また、自らでやる場合ですと無理なお手入れになってしまうこともあるものですが、お店でやってもらえば客観的な目線で肌状態を見てもらえますので、無謀なお手入れになることもないのです。

これらの点を総括すると、家庭用の美顔器は確かに手軽で美肌効果もある程度は期待できるのですが、脱毛サロンで顔脱毛をしてもらったほうが安全でより効果的ということがわかると思います。

単純に美肌と言っても人によって取り方は様々ですが、脱毛サロンで顔脱毛をしてもらうと家庭用美顔器を使うよりも多くの美肌効果を得ることができます。

効果の面でもコスパの面でも、多くのケースで美顔器よりも脱毛サロンの顔脱毛のほうがメリットが大きいということですね!

脱毛サロンによって顔脱毛の施術範囲はこんなに違う!

ムダ毛の中でも、自己処理をしている人が多く、気になってはいるけれども放置してしまいがちなのが顔のムダ毛です。

顔には、たくさんの毛が生えており、自分では普段見ることができないので、気にしていない人も多いのですが、産毛に光が当たるときらきらと光ってしまうため、日光や電気の下ではびっしりと生えている産毛が見えてしまうこともあり、お手入れを欠かせない場所です。

顔脱毛は脱毛サロンでも人気がある部位で、全身脱毛に含まれていたり、人気の箇所として選ばれることも多いのですが、脱毛サロンによって施術範囲に違いがあるため、どの部分を脱毛することができるのかをよく確認してから申し込みをすることが大切です。

眉毛や目の周りを除いた顔全体の脱毛をすることができる脱毛サロンもありますが、口回りやおでこなどに脱毛範囲が限定されており、気になる頬やあごなどができない場合もあるので注意が必要です。

顔の産毛が薄い人や黒っぽい毛が気になる鼻の下だけを脱毛したいという人、あごや頬も含めた顔全体の産毛を脱毛してワンランク上の美肌になりたいという人など、人によって脱毛したい範囲は様々です。

できるだけ広範囲の脱毛を希望していたのに、申し込んでみたら鼻の下だけだった、などという場合はきっと後悔することになってしまいます。

広範囲の顔脱毛ならキレイモとディオーネの2強状態

顔のほぼすべての部分を脱毛したいなら、必然的にキレイモかディオーネのいずれかを選択することになります。

ただし、キレイモは顔を含む全身脱毛のプランのみなのに対して、ディオーネは顔脱毛だけのプランも用意されていますので、顔だけでいいという場合はディオーネの一択となります。

もっとも、顔も含めて全身脱毛もしたいという場合はコスパの面でキレイモに軍配があがりますので、あらかじめ脱毛したい部位を決めておくようにしてください。

ミュゼの顔脱毛は意外にも範囲が狭い

超有名脱毛サロンのミュゼは格安のワキ脱毛で人気を博していますが、顔脱毛に関してはあまり評価が良くありません。

というのは、顔脱毛と言っても主に口周りだけの施術となるため、期待した範囲を脱毛することができないからです。

もちろん、施術の効果はそれなりにあるので口周りだけで良いという方にはミュゼもおすすめできるのですが、おでこや頬などもしっかりと顔脱毛したい場合は選択から外れることになります。

 

このように、一口に顔脱毛と言ってもサロンごとに施術範囲が大きく異なってきますので、あらかじめ確認してから申し込むようにしましょう。

顔脱毛をするのにおすすめの脱毛サロンはどこ?

顔脱毛におすすめの脱毛サロン

顔脱毛ができる脱毛サロンは数多くありますが、実は選ぶお店によって脱毛範囲が違うんです。

顔脱毛が得意な脱毛サロンをしっかり選ぶことが大切です。

顔脱毛の範囲は脱毛サロンごとでこんなに違う

たとえばワキ脱毛といえばどの脱毛サロンでもワキ全体を脱毛してくれますよね。

顔脱毛はちょっと違って、脱毛できる範囲にサロンごとに違いがあるんです。

顔脱毛をするなら、できるだけ脱毛範囲が広いお店を選ぶのが鉄則と言えるでしょう。

脱毛範囲やその他の条件から、顔脱毛でオススメのサロンをピックアップしました。

顔と全身脱毛をセットで考えるならキレイモ

キレイモの顔脱毛の範囲は、眉間や目の周り以外の顔全てです。

月額9,500円で顔も全身も脱毛してくれる脱毛サロンなので、両方脱毛したい人にとってはコスパが最も良いお店ですね。

そしてキレイモは全身脱毛のサロンでは珍しく、鼻の脱毛もできるお店です。

見えない鼻の産毛を脱毛するといわゆるいちご鼻が改善に向かう場合もあるので、鼻をきれいにしたい人にもオススメですね。

とにかく美肌を目指す顔脱毛ならディオーネがオススメ

ディオーネはとにかく顔脱毛の範囲が広く、スキンケア効果が高い事がポイントです。

目の周りをのぞき、ほぼ顔の全てが脱毛可能です。

眉毛がつながりがちな人も、眉間が脱毛の範囲に含まれるのは嬉しいですね。

ディオーネは他のサロンとは違うハイパースキン法という脱毛方法を採用しています。

ハイパースキン法の脱毛機から発せられる光の約3割は、肌を活性化させるフォトフェイシャルの光です。

フォトフェイシャルの光はシミやエイジングにも効果的と言われていますので、美肌を目指すならディオーネですね。

さらに他の脱毛サロンに通う頻度が2〜3ヶ月なのに対して、ディオーネは3〜4週間に1度脱毛が受けられるようになっています。

早く顔脱毛を完了させたい人にもオススメですね。

銀座カラーの顔脱毛も範囲が広くオススメ

銀座カラーも脱毛範囲はディオーネと同じ、目の周り以外ほぼ顔の全てです。

脱毛後の保湿も手厚く、脱毛後の美肌に期待が持てるサロンです。

しかし銀座カラーといえば、定額までローンを支払えば全身脱毛し放題になるコースが名物ですが、顔には脱毛し放題のコースがありません。

顔と全身脱毛をセットで契約する場合、その点だけ注意したいですね。

顔脱毛はとにかくしっかり調べて契約しよう

今回は顔脱毛でオススメのサロンをピックアップしましたが、逆に顔脱毛の範囲が極端に狭い脱毛サロンも存在します。

脱毛ラボの顔脱毛の範囲は鼻下・もみあげ・あご、ミュゼでは口周りのみです。

同じ顔脱毛だと思って契約すると、ちょっと大変なんですね。

ぜひ脱毛範囲が広く、スキンケアの意識が高い脱毛サロンを選びましょう。

体の中から美肌を目指そう!肌に良い美容効果が期待できる食材

とにかく肌をきれいにしたい!美肌になりたい!と思っても、具体的にどんな肌が美肌なのでしょうか。

簡単に言うと、潤いがある・ニキビがない・ハリがあってシワがない・シミがないの4点が重要なんです。

それぞれのポイント別に、美容効果が高い食材をチェックしてみましょう。

肌の潤いに大切なのはビタミンA

ビタミンAは角質層の天然保湿因子を増やす作用があるため、潤い美肌に欠かせない栄養素です。

レバー・ウナギ・緑黄色野菜・卵などに豊富なので、積極的に食事に取り入れたいですね。

逆にコーヒーのカフェインやアルコールなど、利尿作用が強い飲み物などは肌の乾燥を進めてしまうので注意しましょう。

実は肌荒れやニキビなどが起こりやすい敏感肌も乾燥が原因で、肌が潤えば回復することも多いんです。

ちりめんじわの予防にもビタミンAを含む食材は有効ですよ。

ニキビ対策には皮脂をコントロールするビタミンB群

ニキビは毛穴に角栓が詰まり、そこに雑菌が繁殖して炎症になることで起こります。

角栓の正体は剥がれ落ちた皮膚と皮脂で、あまりに皮脂の分泌が過剰だとニキビになりやすくなってしまいます。

ビタミンB群は皮脂の量をコントロールする作用があるので、含まれる食材を積極的にとりましょう。

ビタミンB群れが豊富な食材は豚肉・レバー・ナッツ類・魚介類などですね。

ハリのある肌にはコラーゲン生成を助けるアミノ酸とビタミンE

人間の真皮を構成するコラーゲンという成分は有名ですよね。

年齢や間違ったスキンケアなどで、コラーゲンが失われたり破壊されることでハリが失われがちになります。

ハリを失った肌は垂れ下がって、やがてシワになってしまうので要注意です。

コラーゲンはもともとタンパク質なので、その材料になるアミノ酸をたくさんとりましょう。

プロリン・リジンなどのアミノ酸は豚肉・鶏肉・大豆製品・ゼラチンに豊富に含まれます。

さらに抗酸化作用を持つビタミンEを摂取すると、年齢によるコラーゲンの破壊に対抗してくれます。

ビタミンEはアボカド・ナッツ・胚芽米などに含まれるので、こまめに摂取すると効果的ですよ。

あとビタミンCもコラーゲン生成を助けるので一緒に摂取したいですね。

シミ対策にはビタミンC!ほかの美肌効果も期待

ビタミンCにはシミの原因になるメラニン色素を作る過程をブロックする作用があります。

さらに肌のターンオーバーを促してメラニン色素の代謝を助けます。

つまりビタミンCはシミの予防・対策どちらにも有効なんですね。

ビタミンCはパプリカ・パセリ・柑橘類などに多く含まれます。

バランスの良い食生活で美肌を目指しましょう

このように、肌に良い成分は野菜からお肉までいろんな食材に含まれているんですね。

野菜だけ、炭水化物だけ、という偏った食事をしないことが美肌のためには重要なんです。

バランスの良い食生活を心がけて美肌を目指しましょう!

しみの原因を徹底追及!しみを招く日常生活でのNG行為は?

気がついたら肌にポツンと出来ている茶色いシミ、一体何が原因なのでしょうか。

日常生活でシミを招きがちなNG行為をチェックしてみましょう。

秋冬に日焼け止めを塗らずに外出するのはNG

紫外線によって肌細胞がダメージを受けるとシミになってしまう事は有名ですよね。

なので日焼け止めはシミの予防に大切なんです。

紫外線のピークは夏ですが、実は夏の曇った日と秋冬の晴れた日では紫外線の量はさほど変わりません。

秋冬でも日焼け止めを塗ったり、UVカット機能がある下地やファンデーションを使うなどUV対策を忘れない事がシミ予防には大切なんですね。

肌を叩いたり擦るスキンケアが摩擦シミを招く

昔は肌を叩いたり擦ってマッサージすると美肌になると言われた時代がありましたが、現代ではその刺激がシミの原因になると言われています。

実は女性のシミの中で最も多いのが、擦ることによってできる摩擦シミなんです。

クレンジングやマッサージ、スクラブでのお手入れがシミを生み出してしまっているんですね。

クレンジングや洗顔でこすり過ぎない、スクラブでのお手入れはできるだけしないことが大切です。

化粧水だけでは不十分!保湿不足と乾燥がシミの原因に

洗顔の後のお手入れを化粧水だけで済ませていませんか?

実は化粧水の保湿効果は低く、ビタミンC誘導体など水に溶ける美容成分を肌に浸透させるためのアイテムなんです。

化粧水の後は、必ず乳液や保湿クリームでしっかり肌を保湿しましょう。

もともと健康な肌の外側には皮脂の膜があり、刺激になる物質が入り込めないよう角質層に潤いが詰まっています。

これを肌のバリア機能と呼び、ニキビや肌荒れを寄せ付けないパワーのもとなんですね。

しかし肌が乾燥しているとバリア機能が壊れてしまい、外部刺激に荒れやすい敏感肌になってしまうんですね。

肌荒れやニキビが続くと、その跡がシミになってしまうので要注意です。

しっかり乳液やクリームで保湿して、シミを予防しましょう。

ストレスが原因でシミができることも

意外にも、ストレスが肌のシミを招く場合があるんです。

ストレスがたまると女性ホルモンの分泌が滞り、ホルモンバランスが乱れてしまいます。

女性ホルモンの役割で大切なのが、皮脂の分泌量のコントロールです。

ホルモンバランスが乱れて皮脂の分泌量が多くなると、毛穴が詰まってニキビや肌荒れが起こりやすくなってしまうんですね。

さきほども触れたように、ニキビや肌荒れの跡はそのままシミに変化してしまうことも多いんです。

睡眠をしっかりとったり、適度な運動をしたり、ストレスを解消してお肌をシミから守りましょう。

シミ対策は一年中!正しいスキンケアとストレスを溜めないことが大切

保湿不足や刺激の強いスキンケアがシミを作ってしまっていたんですね。

そしてシミ対策は1年中必要で油断のできないものだったんです。

ストレスを溜めない事も意識しながら、シミを作らない生活を心がけましょう。