日焼けでダメージを受けた肌を修復するおすすめのスキンケア法

日焼けをすると、肌がダメージを受けた状態になりますので、なるべく早い段階で適切なスキンケアを行うことが大切です。

日焼けした状態の肌を放置しておくと、紫外線による負担がより一層強くなりますので注意が必要です。

日焼けのスキンケアで重要なのは、まず肌を冷やすことです。日焼けをすると肌が熱を持っている状態になりますので、放熱をしてあげなければいけません。

その際には保冷剤を使うのが簡単ですが、ただ冷やし過ぎになってしまうと低温火傷の状態になる可能性もありますので、タオルで包むなりしてから使った方が良いでしょう。

また、保冷剤を刺激として感じてしまう場合は、冷やしたタオルでも十分です。

続いて保湿ケアに入っていきますが、日焼けをすると肌が乾燥しがちになってしまいますので、潤いを補給してあげなければいけません。

その際にはいつも使っている化粧水を使うのも良いですが、日焼けした状態の肌に刺激になるようなら控えた方が良いでしょう。

特に痛みもなく使用できる場合は、小まめに化粧水を使って乾燥予防をします。

日焼けした肌に軟膏を使うのはやめたほうがいい

日焼けをしている時には保湿効果のある軟膏を使って対策をすることもできるのですが、迂闊に使用してしまうのは要注意です。

中にはステロイドが入っている物もあり、副作用が出てしまう恐れもあります。

素人判断で使ってしまうと肌に負担になりますので、医師なり薬剤師なりに相談をしてから対処することが必要です。

スキンケアの方法としては以上のようになりますが、他にもやった方が良いのが水分補給です。

スキンケアだけでなく水分補給も忘れずに!

日焼けをしている時は水分不足に陥ってしまいますが、その状態ですと肌の回復力も落ちます。

人間にとって水分は非常に重要な存在であり、水分が足りないとせっかくのスキンケアの効果も低下しますから内側から保湿をすることも欠かせないのです。

軽度の日焼けの場合は自宅での対策でも十分に回復ができるはずですが、もし症状が重くなるようなら速やかに病院へ行くことも必要です。

程度によっては治りが悪いこともありますので、医師による指示を受けながら対策を行った方が良いでしょう。