しみの原因を徹底追及!しみを招く日常生活でのNG行為は?

気がついたら肌にポツンと出来ている茶色いシミ、一体何が原因なのでしょうか。

日常生活でシミを招きがちなNG行為をチェックしてみましょう。

秋冬に日焼け止めを塗らずに外出するのはNG

紫外線によって肌細胞がダメージを受けるとシミになってしまう事は有名ですよね。

なので日焼け止めはシミの予防に大切なんです。

紫外線のピークは夏ですが、実は夏の曇った日と秋冬の晴れた日では紫外線の量はさほど変わりません。

秋冬でも日焼け止めを塗ったり、UVカット機能がある下地やファンデーションを使うなどUV対策を忘れない事がシミ予防には大切なんですね。

肌を叩いたり擦るスキンケアが摩擦シミを招く

昔は肌を叩いたり擦ってマッサージすると美肌になると言われた時代がありましたが、現代ではその刺激がシミの原因になると言われています。

実は女性のシミの中で最も多いのが、擦ることによってできる摩擦シミなんです。

クレンジングやマッサージ、スクラブでのお手入れがシミを生み出してしまっているんですね。

クレンジングや洗顔でこすり過ぎない、スクラブでのお手入れはできるだけしないことが大切です。

化粧水だけでは不十分!保湿不足と乾燥がシミの原因に

洗顔の後のお手入れを化粧水だけで済ませていませんか?

実は化粧水の保湿効果は低く、ビタミンC誘導体など水に溶ける美容成分を肌に浸透させるためのアイテムなんです。

化粧水の後は、必ず乳液や保湿クリームでしっかり肌を保湿しましょう。

もともと健康な肌の外側には皮脂の膜があり、刺激になる物質が入り込めないよう角質層に潤いが詰まっています。

これを肌のバリア機能と呼び、ニキビや肌荒れを寄せ付けないパワーのもとなんですね。

しかし肌が乾燥しているとバリア機能が壊れてしまい、外部刺激に荒れやすい敏感肌になってしまうんですね。

肌荒れやニキビが続くと、その跡がシミになってしまうので要注意です。

しっかり乳液やクリームで保湿して、シミを予防しましょう。

ストレスが原因でシミができることも

意外にも、ストレスが肌のシミを招く場合があるんです。

ストレスがたまると女性ホルモンの分泌が滞り、ホルモンバランスが乱れてしまいます。

女性ホルモンの役割で大切なのが、皮脂の分泌量のコントロールです。

ホルモンバランスが乱れて皮脂の分泌量が多くなると、毛穴が詰まってニキビや肌荒れが起こりやすくなってしまうんですね。

さきほども触れたように、ニキビや肌荒れの跡はそのままシミに変化してしまうことも多いんです。

睡眠をしっかりとったり、適度な運動をしたり、ストレスを解消してお肌をシミから守りましょう。

シミ対策は一年中!正しいスキンケアとストレスを溜めないことが大切

保湿不足や刺激の強いスキンケアがシミを作ってしまっていたんですね。

そしてシミ対策は1年中必要で油断のできないものだったんです。

ストレスを溜めない事も意識しながら、シミを作らない生活を心がけましょう。